カブ江、早々に天に召される(笑)

もータイトル通りです(笑)

カブトムシが家にやって来た、という次の記事は、早速

死にました』という報告です(笑)

 

我ながら、展開はやっ!!とひとりで突っ込んでしまいました。(笑)

毎日エサをやりながら、奇妙な動きをしているカブちゃんを見て爆笑するのが日課となっていた田中家です。

もうほとんど会話のない私たち夫婦をかろうじて繋いでくれていたカブちゃん(笑)

2匹ともゼリーを食べるのが恐ろしく早く、夜中になると仲良くブルンブルン大騒ぎ。

朝になると静かになるカブちゃんした。

毎日夕飯の時間になるといっちょ前にテーブルの上で私たちと一緒に夕飯時間を過ごしていたカブノリとカブ江ですが、なんと!!先日カブ江が天に召されてしまいました。

夕食時に、『カブちゃん~♡ご飯だよー』と蓋を開けると、おぉー!!カブノリがカブ江にまたがっている!!仲良し中なのね♡あらあら、お邪魔しちゃったわー♡と、そっと蓋をする。

続いて同じく『カブちゃん、飯はー?』(ゼリーだけどね)と、蓋を開ける旦那に『ダメだよー!!今仲良ししとらいけん!!そっとしといてー!!』と教えてあげたのですが、

夫『つーか、カブ江、死んでない?』

『いんや、今はカブノリのペースだけん、ほっといてあげてー。(いらんお世話(笑))』

夫『色、悪いよ。死んどると思う。。。』

と、ツンツンしてみる…

カブ江、微動だにしない。コロンと上を向いても微動だにしない。

なんか、軽い???カランカランする。。

 

もしや。。。。。

 

死んだーーーーーーーー!!

 

 

というわけで、天に召されたカブ江です。

死んだカブ江にまたがるカブノリがすごく寂しそうで、私までちょっと切なくなりました。

 

今は妻に先立たれたカブノリの背中が寂しそうなことと、食欲がめっきり減ってしまって全然ゼリーを食べてくれないのがとっても心配です。

田中家、現在主人も出張中。毎日『今日のカブノリ』という、安否の写真だけは欠かさずしています(笑) ←既読スルーです(笑)

カブ江がいないだけですごく寂しくなった田中家です。

(あ、主人がいないのはチョー快適です♪)

 

というわけで、これにてカブトムシ日記終了~(笑)