田中はその時保険に入っていなかった。。。①

今日は、ちょっと私の経験をお話ししてみます(*´꒳`*)

田中、現在36歳。
初めて病気で入院・手術したのは25歳でした。

20日くらい入院して、その間に手術を受けました。
周りに気を使いたくないから、術後はずっと個室を希望。
手術前2日くらいしか4人部屋にはいませんでした。

ハッキリ言って、お金のことなんて考えてなかった。
医療費がどれだけかかるか、なんて全く、気にしていませんでした。

退院時、お財布をもって窓口へ~
院内ATMでおろした6万円をもって
いざ支払い(^^)v

『25万円になります~』

とトレイを差し出され、ポッカーン!!

『え?え?』

顔が真っ赤になり、かなり焦りました(笑)

慌ててATMに舞い戻り、お支払(笑)

ここまで読んで皆さんお気づきと思いますが、
田中、なんにもわかっておりませんでした(笑)

実は高額療養費のことや、医療保険の存在すら知りませんでした(笑)
最初に限度額認定証を提出しておけば、窓口で支払うお金がもっと少なくて済んだのに…
かなり痛い出費でした。

そんなこと知ってたら、個室やめたかもしれないのに---!!
こんなに入院・手術でお金がかかるなんて…本当に想定外でした。
(いや、フツーは知ってるかもしれないけど)

自宅に帰って親に『私の医療保険って掛けてある?』と聞きましたところ、

『は?社会人なら自分で掛けるもんだわねー』とお返事。
はい、確かにそうですよね。自分のことだものね。

それからは、入れる保険探し。
でも、手術したというとどこの保険会社もお断りされてしまいました。

『もう元気です!!』と何回言った事か(笑)

でもなかなか保険に加入できませんでした…

…続く